実際の体験談をご紹介

借金苦から抜け出せて、ホッとしました。(男性/30代)

男性/30代

私はとある小さな会社に勤務しているのですが、急に社員旅行の日程を知らされました。

恥ずかしながら貯金をしておらず、金額を用意できなかったのですが、
勤続年数が少ない内から欠席するのは悪いと思い、お金を借りることにしました。

カードローンでの借入という形で無利息期間が設けられていたこともあり、
軽い気持ちで30万円ほどを消費者金融から借りました。

ですが、すぐにお金を借りることのできる便利さから、
その後も繰り返し借りるようになっていったのです。

次第に自分の中で制御できなくなってしまい、月々の返済額よりも借金の方が増えていくという事態になりました。

やめたいと思っても中々やめることができず、自分の判断ではどうすることもできないと思ったので、
借金相談カフェのサイトを通じて、法律事務所の無料相談窓口に連絡することにしました。

そこで提示された借金返済の方法は、債務整理というものでした。

当時の私は債務整理と言われても、よく分かりませんでした。

調べてみると、法律の専門家が借入先の金融機関に対して、今後一切の利息がかからないように要望し、
残債は全て元本のみにしてもらう
という交渉を行ってくれるというものでした。

返済し続ける必要があると知って一度は肩を落としましたが、専門家の方から具体的な返済プランなどを
提示して頂けたので、ゴールが見えたことで「もう返せないかもしれない」という思いが解消されました。

同じように借金苦に悩まされている方も多いと思いますが、専門家にサポートしてもらうことで、
具体的なゴールが分かり、気持ちも楽になると思いますよ。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

その他の体験談

少しでもラクに!借金の効率的な返し方

借金を返済したいけれど、なかなか返済額が減らなかったり、利息で当初より返済額が膨らんでしまったり・・・

効率的な返済方法が分からずに、借金に苦しめられている方は少なくないと思います。
そこで、今回は効率的に借金を返済するためにはどうすればよいのか、必要な手順や方法についてまとめました。

ご自分にぴったりの返済方法を探してみてください。

① 借金の現状を把握する

借金の効率的な返済でまず基本となるのが、自分の借金の現状を把握することです。

複数の金融機関から借入をしているという方は、まず現在の借入の総額を確認しましょう。
金融機関ごとに借入の残高、利率、最低返済金額、利息を計算して下さい。

こうすることで、借金返済の計画が立てやすくなります

借入状況が分からないという方は、借入期間から直接取引履歴を取り寄せましょう。
ここまでできたら、次に毎月の返済額のうち元本返済分、利息負担分がいくらになっているのかを計算します。

借入額が多いにも関わらず、毎月の返済額が少額の場合は利息負担分しか返済できず、
元本が全く減っていない、もしくは借金が膨らんでいる可能性があります。

このような場合は、月々の返済額を増やせるように生活スタイルなどを見直すなどの工夫が必要になります。

② 自分の収支を把握する

次に、毎月の自分の収支について把握しましょう。

毎月の返済額を増やすために、この作業は大変重要となります。
収入のうち、食費や家賃、光熱費など必ず必要な支出を差し引き、返済に充てられる最大の金額を算出します。

このように、数値で客観的に自分の収支を把握することで、
浪費している項目を見つけやすくなり、返済の計画を見直すことができます。

返済がなかなか進まないという方は、毎月の収入に対して生活費の割合が高いという傾向があります。

今一度、生活費を見直して、浪費している項目は節約をするよう心掛け、
逆に余剰資金がある場合には思い切って返済に充てることが借金返済への近道です。

万が一のために、手元に資金を置いておきたい気持ちもあるかと思いますが、
借金はマイナスの状態ですので、早く返済することが何より先決です。

③ 支出を抑える

借金返済にあたっては、利息を軽減するために早期の元本返済が大変重要になります。

そのためには、前述②の項目で把握した毎月の返済可能額を最大まで近づけられるよう、
節約をして支出を抑えることが肝心です。

しかしながら、厳しすぎる節約はストレスに繋がり逆に支出を増やしてしまうことにもなりかねません。

そこで、支出項目に優先順位をつけ、下位のものから出費を削っていくという方法が有益です。
ついつい使ってしまうような項目は、最も簡単に減らすことができます。

例えば、食事を購入するためのコンビニの利用などが挙げられます。

コンビニは外食するよりも安価で立ち寄りがちですが、つい食事と一緒に
必要のないお菓子やコーヒーなどのドリンクを購入してしまいがちです。

少額の支出のように思えるかもしれませんが、1か月で見ると相当な支出になることもあります。

なるべくコンビニに立ち寄らないよう、お弁当を持参することも支出を減らす方法の1つです。
また、外食を減らし、自炊をすることも効果的です。

外食すると3食で相当なお金がかかってしまいますが、自炊では1000円以内に収めることも可能です。

支出で大きなウエイトを占める賃料は、手間も初期費用もかさんでなかなか削減が難しいのに対し、
食費やその他細かい支出は節約しやすいので、まずはこうしたところから見直しをしていきましょう。

④ 繰り上げ返済をする

会社員の方などは年に2回、ボーナスの支給を受ける方も多いと思います。

その他、繁忙期の残業で給料がいつもより多かったり、
何か臨時の収入があったりした場合には、ぜひとも繰り上げ返済を活用してください。

繰り上げ返済とは返済計画を前倒しし、月々の返済額とは別途返済を行うことです。

繰り上げ返済を行うことのメリットは、借入元本を大幅に返済できるという点です。
元本が少なくなると、利息も当然少なくなりますので、負担を大きく減らすことができます。

⑤ おまとめローンを活用する

複数の金融機関から借入をしている方は、高金利・残高の少ない借入先から返済をしていくことが大切です。

理由は、元本を減らして利息の負担を軽減するためと、
少しでも借入先を減らすことで精神的負担を軽くするためです。

しかしながら、それぞれの借入先ごとに返済計画を立て管理していくのは意外と負担が多いものです。

そんな負担を解決する方法として、おまとめローンの活用をおすすめします。

おまとめローンで借入を行い、現在借入を行っている金融機関に一括返済することで、借金を一本化することができます。

一般的におまとめローンは低金利となっていますので、利息の負担を軽減でき、
借金の返済計画を立てたり、管理をしたりすることが容易になります。

現状の借入先の金利と、おまとめローンの金利のどちらが負担軽減になるのかきちんと確認した上で、
おまとめローンのほうが効果的であればぜひとも活用しましょう。

⑥ 専門家に相談する

上記5つの方法を試しても借金が高額でなかなか減らないという方は、借入先の金融機関に相談し、
返済期間や月々の返済額の負担を軽減してもらうことも有益です。

個人で相談するのが不安だという方は、弁護士を介して金融機関に相談してもらうこともできます。

債務整理の相談を無料で受け付けている弁護士事務所はたくさんあり、
過払い金発生による借金の減額や将来利息、遅延損害金の免除などについて金融機関と交渉を行ってくれます。

借金返済の目途が立たず行き詰ってしまったという方は、借金相談カフェの無料相談サービスを利用してみるといいでしょう。

借金は無理せず、気軽に相談してみましょう。

借金を効率的に返済するためには、現状をきちんと把握し、できる限り早く元本を返済することが重要です。

今一度、無駄な支出はないか自分の生活を見直して、できるところから節約をしていきましょう。
余裕があれば、繰り上げ返済を行ったり、低金利のおまとめローンも検討してみてください。

もし一人で思い詰めてしまったら、借金相談カフェなどを利用して、
我慢せず弁護士などの専門家にぜひ一度相談して下さい。

少しでも負担が減ることをお祈りしております。

アンケート調査をしてみました

借金の悩みをどこに相談するか?

債務整理や自己破産などの借金返済に悩んだ場合、どんな方法で解決すべきか悩むところですよね。

まずは、「借金問題に対応しているところへ相談」という人も多いでしょう。
しかし、どこに相談すればいいのか分からない方もいるかもしれません。

そこで、「借金で困ったとき、どこに相談しようと思ったか?」というアンケートを実施しました。

何と全体の57%の人が専門家がいる窓口に行っているようです。
どんな場所での相談がベストなのか、様々な意見を収集して分析しました。

債務整理などの借金返済の問題で悩んだ場合、まずどこに相談しようと思いますか?

アンケート調査の結果

  • 1位:消費者生活センター・国民生活センター・・・34%
  • 2位:法テラス・・・28%
  • 3位:弁護士・・・23%
  • 4位:その他・・・9%
  • 5位:司法書士・・・6%

1位:消費者生活センター・国民生活センター

  • 弁護士や司法書士に相談するだけでもお金がかかるので、無料で気軽に相談できるところを選びました。(三重県・36歳・女性)
  • 最初はとりあえず無料で気軽に相談したいため。(新潟県・27歳・男性)
  • 弁護士だとお金がかかるし敷居が高い感じがするので、まずは一番身近な消費生活センターで相談しました。(東京都・34歳・女性)
  • まずはお金のかからない消費生活センターを利用し、借金返済に対する考えをまとめたいから。(栃木県・39歳・男性)
  • 最近は過払い金など弁護士事務所のテレビCMもよく見かけますが、やっぱり敷居が高い感じがして、
    消費生活センターなどが一番相談しやすいような気がします。(鳥取県・41歳・女性)

債務整理などの借金問題で悩んでいる人の多くは、まず消費者生活センター・国民生活センターに相談しているようです。

どちらも無料で相談できるので、気軽に利用しやすいというメリットがあります。
また、弁護士事務所は敷居が高いイメージがあり利用しにくいうえに、お金もかかるという声も多くありました。

ただ、借金相談カフェを利用すれば、匿名かつ無料でネットから簡単に相談できるのでおすすめです。

2位:法テラス

  • 弁護士の紹介や無料の相談などもしているから。(宮城県・31歳・男性)
  • テレビなどでもよく見かけるし、知名度が高いと安心できるから。(福岡県・29歳・女性)
  • 法テラスだと無料の弁護士相談を受けられると聞いたから。(愛媛県・42歳・男性)

法テラスは無料もしくは安い料金で弁護士に相談でき、弁護士を一時的に紹介してもらうこともできます。

また、法テラスはテレビのCMなどでよく見かけるため、
知名度があって安心できるという理由から利用している人も多いようです。

3位:弁護士

  • 弁護士の方が費用はかかるが、しっかりしているし信用もあるので弁護士に相談しようと思います。(東京都・23歳・女性)
  • 個人的に債務整理専門の弁護士に頼むのが一番手っ取り早いし、頼りになると思っています。(埼玉県・27歳・男性)
  • 最初の相談は無料というCMを見たことがあるので、とりあえず相談だけしてみようと思う。(宮城県・35歳・男性)

消費者生活センター・国民生活センター、法テラスと比較するとどうしても料金が高くなってしまいますが、
借金を本器で解決するなら、債務整理専門の弁護士に頼むのが一番手っ取り早いでしょう。

中には初回相談無料というサービスを実施しているところもあるので、
専門の人の話を聞きたいという方は弁護士事務所への相談をおすすめします。

借金相談カフェの無料診断サービスであれば、簡単に自分に最適な弁護士が見つかりますよ。

最後のまとめ

まずは無料で相談できる消費者生活センター・国民生活センターで、話を聞いてもらいたいという人が多いようですね。

法テラスは知名度もあって安心して利用できるという意見がありました。
一方、弁護士事務所は敷居が高く、「どうしてもお金がかかる」というイメージをお持ちの方が多いようです。

ただ現在、弁護士事務所の多くは無料相談を受付けています

そして、確実に借金問題を解決するのであれば、弁護士に依頼するのがベストです。
消費者生活センターでは相談に乗ってくれても、解決まではたどり着けません。

借金相談カフェであれば、無料かつ匿名で自分にあった借金解決法と弁護士事務所を紹介してもらえます。

ぜひ、この際にチェックしてみてください。